美容雑記 一覧

母が娘に教えるニキビとの上手な付き合い方

年頃の娘をもつ母親の務めの一つは、娘がニキビ跡を持たずにすむようアドバイスすることだと思います。思春期の娘にニキビができてしまうのは、これはどうしたってしかたのないことです。10代特有のホルモンバランスの乱れによってニキビができてしまうのは自然の摂理なのですから、これに抗おうとしてもしかたがありません。

ニキビは大人になるにつれ自然に治癒していくものなのですから、十代の一時期にニキビを持ってしまうことを嘆く必要はないのです。ニキビがあったことなんて、大人になれば忘れてしまうことです。しかし、ニキビ跡が残ってしまってはそうはいきません。本当なら忘れることができるはずのニキビが、大人になっても跡として残ってしまっては、生涯をニキビ跡と過ごすことにもなりかねません。そのため、母親として娘にしてやれることの一つが、ニキビとの上手いつきあい方を教えてあげるということだと思うのです。

ニキビは潰すとニキビ跡となってしまいます。思春期にニキビができてしまうと、どうしても恥ずかしく感じてしまい、潰さずにはいられないものなのでしょう。しかし、未来へ禍根を残さないためにも、そこをグッと我慢しなければなりません。私はニキビに思い悩む娘にいつも言って聞かせていました。ニキビは直に消えるのよ。

でもね、ニキビを潰してしまうと跡としてずっと残っちゃう。大人になって、そのことを後悔しないためにも、今のニキビ面の自分を優しく受け入れなさい。なに、ニキビがあっても、あなたは結構チャーミングよ。といったふうにです。幸い、娘は聞き分けがよく、私の言うとおりニキビを潰すのを我慢してくれました。そして、そのおかげで大人になった彼女はニキビの跡が残らない美しい女性になることができたのです。

ニキビなんて一時の辛抱よ。そう娘に伝えることはとても大切なことだと思います。現代は医療技術が発展しましたから、ニキビ跡が残っても、病院で改善させられるようになりました。しかし、そうした治療を受けずとも済んだほうがベターなのは言うまでもありまえん。だから、思春期の娘を持つ母親は、娘にニキビとのつきあい方を教えてあげるべきだと思うのです。


肌荒れは原因を知り対処する事が大切です

現在肌荒れでお悩みになっている女性というのは、たくさんいらっしゃる事かと思います。やはり肌の悩みというのは女性にとってはとても大きな悩みになりますから、できるだけ早く改善したいと思われる方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。そういった方のために、肌荒れを効果的に治すためのコツについて説明をしていきたいと思います。

肌荒れをしっかりと早く治したいと思った場合には、まずはどういった原因から肌が荒れてしまっているのかという事を知る必要があります。それを知る事ができれば、適切なケアというものができるのではないでしょうか。逆に原因がわからないまま闇雲にケアをしてみても、悪化をしてしまうリスクというものもあります。

では肌が荒れてしまう原因としては、具体的にどのようなものがあるのかを紹介していきたいと思います。きっと皆さんの参考になると思いますから、一読なさってみてはいかがでしょうか。まずは化粧品があっていないと、それだけで肌に悪影響が出てしまいます。保湿や美容効果のある基礎化粧品においてもそれは同じ事が言えるでしょう。ですから、いきなり肌が荒れ始め、その際新しい化粧品などを試していたという場合にはその化粧品を疑ってみてください。そしてその化粧品は使わずに、肌に刺激をあたえないようにしましょう。

その他の原因としては、栄養不足、睡眠不足、ストレス過多などの生活習慣の悪化があげられます。これは地道に改善をしていくしかないと言えるのではないでしょうか。
このように肌が荒れてしまう原因というのは、意外かもしれませんがたくさんあるのです。なので自分の場合にはどれが原因になっているのかしっかりと見極める必要があると言えるのではないでしょうか。そしてその上で、その原因を取り除くようなケアをしていくというのが、肌が荒れてしまった時の一番の対処方法であると言えるでしょう。多くの人にとって参考になればと思います。


冬は寒さや乾燥で肌荒れになりやすい季節

肌荒れで悩んでいる女性は多いと思います。
1年の中でも特に冬は肌荒れになりやすい季節です。
空気が冷たくなったり、乾燥しすぎたりする環境では肌へのダメージが強くなってしまいます。さらに冬の紫外線に気を付ける必要があります。

スキー場などに行くと経験しますが、雪の白さで太陽の光が反射して、かなり日差しが強くなってしまいます。
雪やけをすると、肌は夏の日焼けとは違う黒さになってしまいます。
どんなに気を付けていても、肌荒れをしてしまうことがあります。
肌へのダメージを早めに改善することが大切です。

そのためにもスキンケアなどの肌のお手入れが重要になってきます。
特に冬はいろいろな環境によって、肌のダメージが大きくなりやすい季節です。
冬には冬用のスキンケア用品を使うと良いでしょう。
特に冬は保湿効果の高いスキンケア用品がお勧めです。

スキンケア用品は季節によって変えたほうが肌のためにも効果的です。
年中同じ気候ならば、同じスキンケア用品でも良いですが、日本のように四季があり、気候が変化する地域ではそれに合わせたスキンケアが必要になってきます。

また、加齢によっても肌荒れが起こりやすくなります。
年齢を重ねてもいつまでも若々しい肌を保っていくためにも、日頃の肌へのダメージを防ぎ、毎日のスキンケアが大切です。年齢とともに肌の状態も変わっていきますので、年齢に合わせたスキンケア用品を使うと良いでしょう。年齢肌に合わないスキンケア用品を使っていると、時には逆効果になってしまうこともあります。

肌荒れを防ぐためには免疫力を高めることが重要です。
肌の状態を健康に保つためにも、生活習慣を総合的に見直すことが必要です。
夜更かしや不規則な生活、喫煙や過度の飲酒、ジャンクフードの過剰摂取などは肌へのダメージを大きくしてしまいます。美容と健康のためにも、毎日を健やかに生き生きと暮らしていきたいものです。そのためにも、肌の状態を健康のバロメーターとして、いつも良い状態にたもっていくようにしましょう。


冬場の肌荒れを防ぐためには念入りなケア

キッチンで水仕事をしていると、いつの間にか手が肌荒れしてしまって辛くなることがあります。特に冬場になると皮膚がひびわれてしまって強烈な痛みを感じ、水仕事をするのが本当にきつくなってしまいます。そうならないようにいろいろと気をつけていたとしてもなかなか予防することができないので、冬は家事を遠ざけたくなってしまいます。

 女性の場合は男性に比べて皮膚が柔らかいため、それが余計に傷つきやすいのかもしれません。そして、冬場は乾燥しがちなのでどうしてもカサカサしやすく、それがまた肌荒れの原因になってしまうのです。

 それを何とかするためには、普段からそうならないように気をつけるしかないです。なるべく冷水で水仕事はしないようにし、少しガス代はかかってしまうかもしれませんがぬるま湯で水仕事をすれば肌が傷つきにくいです。

 また、肌が乾燥してカサカサにならないようにするため、潤いを与えるためのケアをしていくと予防することができます。それができるかできないかはただ単に心がけられるかどうかにかかっていますので、横着せずに肌ケアをしていくことがその予防策としては最善です。

 肌に対してはもともとの体質もありますので、生まれつきそうなりやすい人もいればならない人もいます。女性の場合は特に肌ケアという点において軽視することができませんし、あまりにも肌荒れが酷いとそれがコンプレックスになってしまう人もいます。そうしたコンプレックスがいろいろな行動に対して消極的になってしまうのは良くないことですので、そうならないようにしていかなければなりません。

 季節柄乾燥してしまうことに対してはある程度の覚悟をしていなければいけませんが、それでもきちんとしたケアさえしていけばそのダメージを最小限に抑えることができます。そうした日々の心がけは地味かもしれませんがだからこそ忘れてはいけないことですし、それをきっちりすることで肌荒れを抑えることができます。”


肌荒れにはビタミンCが有効でした

冬になったら困るのが肌荒れです。料理や洗濯、洗いものをするので、手の肌荒れは特にひどくなります。冬生まれなせいか、私は暑いのが苦手で、冬は大好きです。ですが、これがあるので、そこだけは辛いと感じてしまいます。

主婦にとって肌荒れは切っても切り離せない存在であると、私は思っていました。しかし、同じ主婦をしている友人はそのようなことはありません。全く荒れていないということはありませんが、いつもの季節に比べると乾燥しているというくらいで、痛みが出てしまうくらい荒れるとかそういったことはありません。

不思議に思った私は、その秘訣を聞いてみました。しかし、理由がパッとしません。彼女が言うには、ハンドクリームを使っているくらいだと言うのです。他に、それらしい対策はしていないということでした。私もハンドクリームは使っています。それだけに、そのような理由では納得できませんでした。

体質や遺伝の問題なんかもあると思います。同じ人間でないのですから、当然、違いは出てきます。しかし、それにしたって差があり過ぎると気になった私は、いろいろ調べてみました。そうして分かったのが、ビタミンCの存在でした。ビタミンCは肌荒れの予防や改善に力を発揮してくれます。吹き出物やニキビなんかにも有効な成分で、肌に気を使う女性にはとても頼もしい存在です。

彼女はそのビタミンCをたくさん摂取していました。サプリメントを摂っていたという話は聞いていません。みかんで摂取していたのです。彼女から話を聞いた際、私は彼女の家で聞いていました。冬ということで家にはこたつがあり、そこにはみかんがありました。話を聞いている間、彼女はみかんをずっと食べていました。彼女とは何年も前から知り合いなので忘れてしまっていましたが、彼女は大のみかん好きだったのです。

みかんでは即効性は得られないだろうということで、サプリメントで摂取することにしました。冬は終わりへと向かっていますが、体質を改善して、肌荒れしない体を作っていきたいと思います。


便秘解消で肌荒れも同時に解消されました

以前、極度の便秘に陥っていたのですが、当時はお肌の調子も優れず、肌荒れにも悩まされていました。私の便秘の場合、ガスも溜まりがちなので常に膨満感に悩まされてしまいます。日中活動している間は何とか対応できるのですが、困るのが睡眠中です。あまりの息苦しさから目が覚めることはしょっちゅうで、当然のことながら睡眠不足に陥っていました。

肌荒れに加えて、目の下にはクマができてしまい、見るからに不健康そうな表情をしていたのものです。肌荒れを改善するために、あれこれと化粧品を試してきましたが、どれも効果はいまいち。こうなるとやはり根本的な問題を解決する必要があると強く考えるようになりました。つまり、便秘を治すことが最優先されるべきだと。

そこで、以前から気になっていた酵素ドリンクを飲むようになったのですが、これに抜群の効果があったのです。飲み始めて1週間も経たないうちに、久しぶりのお通じがやってきました。しかも、これ以上ない爽快に出すことができ、何とも言えない幸せな気持ちに満たされ他のを今でも覚えています。この日を境にほぼ毎日出せるようになったのですが、便秘解消に伴ってお肌の調子も徐々に改善されていきます。肌荒れ、クマ、ニキビ、クスミなどなど様々な症状が併発していたのですが、今ではすっかりすっぴん美人に(笑)。

酵素ドリンクを飲み始める前、日々のお肌の調子を確認するために、スマホで自撮りをしていたのですが、それと今の状態とを比べると一目瞭然です。明らかに顔色が良くなっているではありませんか。しかも、便秘が解消され胃腸の調子が良くなった事がおそらく精神的なリラックス効果を生んでいるのでしょう、顔のゆがみも解消されているのです。今までは鼻が右に曲がっていたはずなのに、真っすぐになっているのです。いやあ便秘が解消されると、胃腸の調子に始まり、お肌、さらには歪みも解消されるのですね。便秘は美容の大敵であることをまざまざと実感させられました。


冬になると毎年手が荒れてしまう私

また肌荒れがひどくなってきました。冬のこの時期になると毎年辛くなります。体全体というわけではなく、主には手がひどくなってきます。料理をして冷たい水を使っているせいだと思います。
肌荒れ自体はいくつかの段階に分かれています。最初は手の甲の部分がかさかさになってきます。甲の方が汗をかきにくいせいか、乾燥しやすいのです。その甲が荒れ出すと、ずるずると悪化していってしまいます。

乾燥がひどくなると、切れてしまう部分が出てきます。こうなった頃には、手の指にまで影響は出ており、パックリと割れてしまう部分まで出てきてしまいます。
切れたり、割れたりされると結構きついです。料理をすると何度も水に触れることになります。その度に患部が沁みてしまいます。絆創膏をすればある程度痛みを抑えることが可能です。ただ、水を使うと濡れてしまうので、気持ちが良いものではありません。最初は付けていますが、結局取ってしまいます。

こんな状態でも、ここ数年はマシになった方です。以前は、切れている箇所が何か所にも及び、絆創膏を何枚も使うということが当たり前でした。100枚入りの絆創膏も、数週間でなくなってしまうという始末でした。今は、1シーズンは持ってくれます。なので、マシな方なのです。

マシになったのはハンドクリームを使い始めたためです。ただし、一般的なハンドクリームではありません。水の影響を受けやすいのは料理をする時です。食べ物を作る時にハンドクリームを使うというのは少し躊躇してしまいます。そこで、食用成分で作られた無添加のハンドクリームを使っています。おかげで安心して料理ができています。金額として安いものではありませんでした。しかし、自分の健康のことを考えて、家族の健康が害されてしまったのでは意味がありません。仕方ないと、そこは割り切っています。

便利なハンドクリームがありますし、食器洗い乾燥機なんてものもあります。今は良い時代になった方です。母も手の肌荒れには苦しんでいました。今の時代のありがたさと、母のありがたみを実感させられる毎日です。


ニキビ跡/肌荒れは皮膚科で治療ができます

ニキビ跡/肌荒れがあると、人は焦ってついついいろいろと試して結果的にどんどん悪化させてしまうという間違ったことをしてしまうことがあります。実は、ある程度は自然の治癒力によって治るので、黙っていたままでも治るのですが、しかし人というのはやはりそういった気になるものに対して早く良くなってほしいといろいろやってしまいますよね。ですから、そういう間違ったことをしないためにはやはり皮膚の専門家である皮膚科に相談するという手もあるのです。

ニキビ跡/肌荒れがなぜ起こるかというと、毛細血管というものが関係しているのです。これが増えたり広がったりすることによってニキビの跡が赤くなるのです。こういったものに対して皮膚科が処方してくれるのは、主に殺菌作用のある薬とピーリング効果のある薬の処方です。これらは外用薬となるのですが、内服薬としては抗生物質の含まれているものを処方されます。

ニキビ跡/肌荒れを治すのは、とにかく時間がかかりますので、特に顔に表れたときには化粧などでカバーして見えなくする必要があります。最近の化粧はニキビにやさしいものや、薬用でつけることで美容効果のあるものもあるので、肌に負担がかからないそういったものを使うようにしましょう。

ニキビ跡/肌荒れがきちんと治らないと困ることは沢山ありますよね。やはり、治らないと自分の肌に自信が持てなくなってしまいます。ですから、見つけたら放置するのではなく、直ちに治すためのあらゆる処置をする必要があります。何もしないでいても治ることがありますが、できるだけ早く治したい、しかしそれには間違ったやり方ではだめだということをきちんと認識した上でやるようにしましょう。

また、ニキビ跡/肌荒れにはレーザー治療もありますので、そういった最新の治療も取り入れることにより、なおきっちりと直すことができるのです。元の美しい顔を手に入れるためにできることは全てやることに力を注ぎましょう。


ダイエットをしようと思った時に一番大事なこと

女性の多くはこれまでに一度はダイエットをやってみようと思った事があるかと思います。ですが、いざダイエットをやろうと思っても思ったような効果が出なかったという方がほとんどだと思います。

なぜなら、ダイエットをやろうと思っても多くの人は本気で取り組むのは避けて楽な方向に逃げようとするからです。確かにダイエットをやろうと思った時はどうしても楽な方法でやりたいと思うのが人情です。ですが、そういう気持ちで始めても全く上手くいかないです。

では、どういう風にしたら上手くいくのかというと一番良いのは食事制限を徹底する事です。これさえしっかりできれば短期間で痩せる事も夢ではないです。ですが、多くの人はそれができれば苦労はないと思うと思います。確かに痩せれない人の特徴として食欲が旺盛な人が多いというのがあるので食事制限が続かないという人が多くて結局ダイエットが上手くいかないという人が多くなるのです。

では、どうしたら食事制限を続ける事が可能になるのかというと一番良い方法は毎日最低1回は体重計に乗る事です。たったそれだけでもかなり食事を控えるようになります。逆に全く体重計に乗らないという人で食事制限を成功させるのはかなり困難です。

それはどうしてかというと、全く体重計に乗らないという人は自分が太っているという現実を薄々分かっていながらその現実を見ようとしない人だからです。そういう人がいくら食事制限をしようと思って上手くいく事はないです。ですが、ちゃんと毎日体重計に乗る人はその現実を受け止めて食事制限も真剣にやっていこうという気持ちがあります。ですから、食事制限も上手くいきやすくなるのです。

でも、ただ体重計に乗っていれば痩せるという事は当然ないです。ちゃんと体重計に乗る事で自分が太っている事を知り、そこから脱出したいという気持ちになるかどうかに掛かっています。それで本当に痩せたいと思う人なら間違いなく食事制限が上手くいって痩せれます。


どうしてダイエットに失敗をしてしまうのか

痩せたいと思ってダイエットを何度もしてきたけれど、全くもって成功できていないという方もきっと少なくないのではないでしょうか。どうしてダイエットに失敗をしてしまうのかがわかれば、自ずと成功をするためにはどのようにしたら良いのかもわかってくるのではないでしょうか。これからまさに痩せたいと思われている方々のためにも、そのどうしてダイエットには失敗をしてしまうのかという事を説明していきたいと思います。本気で痩せたいと思っている方にとってはきっと参考になると思うので、一読してください。

基本的にダイエットに失敗をしてしまうのは、それを続ける事ができなくなり、もとの生活に戻りリバウンドをしてしまうためだと言えるのではないでしょうか。長く続けて自然に痩せていく事ができ、リバウンドがしないというのが減量の成功の秘訣だと言えるのではないでしょうか。それができれば無理はないと思われる方も多いと思いますが、実際のところ長く続く減量をするというのは、そこまで難しいものではありません。というのも、簡単な方法で減量をしていけば、何も難しい事はなく長く減量を続けて目標体重まで減らす事ができると言えるのではないでしょうか。

簡単な減量方法の一つとしておすすめなのは、体質改善の減量です。体質改善の減量というのは、体質を痩せやすくしてあげる事で、普段通りの生活をしていても代謝が上がり痩せていくという減量方法です。これならキツい運動も食事を制限することもなく、気軽に着実に減量をしていく事が可能になってくるのではないでしょうか。

これからどうにか減量をしたいと思っているという場合には、ここで説明をしてきたように失敗を避けてみればきっと上手に減量ができるようになると言えるのではないでしょうか。大事なのは、方法だけではありませんので、必ずしも体質改善減量方法を実践する必要はありません。簡単で長く続ける事ができるような減量方法を選択すれば、それがなんでも問題はないと覚えておきましょう。


1 2